子育てノウハウブログ『子育てハック大全』の管理人紹介

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

当ブログを見てくださってありがとうございます!

まずは、自己紹介をさせてください。

『子育てハック大全』の管理人ってどんな人?

まえぴー
まえぴー

こんにちは!まえぴー(@admi_start25)と言います!

北海道出身。20代後半のパパ。
2021年に生まれた息子を育てています。
仕事は、児童発達支援センターや放課後等デイサービスで働く作業療法士です。

そのほかに、ネットの記事を書くWebライターの仕事もやっています。
地方都市で、奥さんと子どもの3人ぐらし。

年間休日は107日、手取り17万円と休みも給料が少ないながらも、

絵に描いたような幸せな日々を過ごせていると感謝しています。

・このブログの運営者・作業療法士・Webライター
・子育て(療育)に関する勉強大好き!
・おもちゃやプログラミングゲームを作るのが大好き!
・修士課程卒業→現在博士課程で研究者の端くれ!
・とにかく、家族との時間を大切にしたい新米パパ!
・気になったら、まずやってみる行動派!

管理人の経歴

3人兄弟の末っ子、兄とは14歳も離れていたため、ほぼ一人っ子状態でした。

よく聞く兄弟げんがをすることもなく、争いを知らない環境で育ちました。

部活は特に入らず。語学には興味があったので、ECCジュニアやハングル教室に通っていました。

大学は、作業療法士(リハビリする職種)になるためのコースに入学。

そつなくこなし、学年の成績はいつも2,3番目くらいでした。

在学中は、様々な経験を大切にしました。

中でも、一番貴重だった体験は、2回のホームステイです。

フィジーに1ヶ月→オーストラリアのシドニーに1ヶ月。

合計2ヶ月のホームステイ生活を体験できました。

ラオスにボランティアに行ったこともありました。

短い海外生活のおかげで、常識にとらわれずに生きることができるようになり、

柔軟な人柄になったと自分で思っています。

充実した学生生活とは裏腹に、卒後は職場の人間関係に苦労しました。

22歳で作業療法士の大学を卒業→老健施設に勤務して10ヶ月でやめる→コールセンターで仕事2ヶ月でやめる→病院で働く6ヶ月でやめる…

割と優等生だったと思っていた自分が、社会ではうまくやっていけないもんだな…と思い知らされました。

上司のパワハラやサービス残業など、学生の頃には思いもしなかった理不尽なことが世の中には多いことを学びました。

現在は、児童発達支援センターと放課後等デイサービスで作業療法士&保育士(取得予定)として、

管理職に近い立場で働きつつ、Webライターもして生計を成り立たせています。

最近は、Webライターとしての自信もついてきたこともあり、記事の添削をやってWebライターを育成することも増えてきました。

社会人2年目から、夜学の大学院に通い修士号を取得。

そのまま、博士過程に進学しましたが、仕事+副業+育児+研究が追いつかなくて、現在休学中…挫折してしまいした。

今後は、フリーランスとなって時間とお金にゆとりを増やし、そして子どもとじっくり向き合う機会を増やしたいと考えています。

障害分野で働くまえぴーが『子育て』について思うこと

当ブログでは、発達障害を抱える子どもとその保護者を支援する私の立場から、『子育て』で大事にしてほしいエッセンスをお伝えします。

子育てに大切なのは、子どもの気持ちに寄り添うこと

子どもが思ったことや感じたことに耳を傾け、一人の人間として尊敬することです。

子どもの意見を聞かずに、過度な期待をかけていませんか?

近年は、発達障害かもしれない…というグレーゾーンな子どもたちが増えてきています。

子どものことを考えると、特別支援学級で身の丈にあった勉強をした方が自己肯定感(自信)が高まり、学校や勉強が楽しいと思ってくれるでしょう。


しかし、「勉強できないと、将来困る」「普通学級にいてほしい…」など、親の希望が子どもの実情とマッチしていないこともとっても多いんです。

子どもが障害あるかないかに関わらず、子どもの考えと親の希望のミスマッチはとても多いです。

大人同士なら、対等に意見を言い合うことができるのに、どうして親と子だと、親の意見ばかりがすべてになってしまうのでしょうか。

まえぴー
まえぴー

それは、多くの親は「子どもは大人よりも立場が下」だと潜在的に思っているからではないかと、私は考えています。

確かに、子どもは大人に比べてモノを知りません。だから、間違いを犯すこともあります。

そうならないように、子どもに考えてもらいアドバイスをするのが養育者の責任なのではないでしょうか。

子どもの気持ちに寄り添いながら子育てすることで、その子は心身ともに立派な大人に成長し、親から与えられた愛を他の人に伝えていくでしょう。

当ブログでは、「子どもの気持ちに寄り添いながら子育てする」ために必要なお金や時間の節約術や子育ての実践論を、わかりやすくお伝えしています。

『子育てハック大全』の記事を執筆する際に参考にしている教材

このブログを読まれる方に、少しでも、子育てに向き合う余裕を作って欲しいと願っています。

そのため、記事の作成には、私の経験だけでなく、書籍や先行研究、公的機関の発表など、客観的な情報を参考にしています。

私はこれでも、一応研究者の端くれ(休学中ですが)なので、知見に基づいた確かな情報を読者の方に届けようと心がけています。

私がよく利用する情報元は以下のとおりです。

PubMed

医療系研究者なら、よく使う論文検索サイトです。全部英語ですが、世界中の最新研究が一部無料で公開されています。

ちなみに、私の論文もPubMedに掲載されていますが、有料となっています…。

Imbalance of nonparametric rest-activity rhythm and the evening-type of chronotype according to frailty indicators in elderly community dwellers - PubMed
Background: Sleep health-related issues, such as poor subjective sleep quality during the night and nocturnal wakefulness, have been a focus of recent research ...

こども発達支援研究会のオンサインサロン

様々な療育(障害のある子供の治療と保育)の最新の知見や実践ノウハウを学べます。

1週間に1回は、サロン会員で集って、子どもへの支援のやり方を相談会が開かれています。

子育てに悩む保護者も多くサロン会員にいます。

月額2,980円のサロン費が高いと感じる方は、私のTwitter(@admi_start25)をフォローしてください。

私が、サロンで得た知見も交えた療育豆知識を時々発信しています。

ブレイクスルー佐々木のYouTubeメンバーシップ

ブレイクスルー佐々木さんは、教育系YouTuberで2021年5月時点でチャンネル登録者が60万人以上います。

人気の理由は、短い動画で科学的根拠に基づいた勉強方法をわかりやすく教えてくれることです。

無料でも十分学びの深い動画ですが、メンバーシップ会員しか見れない超効率な勉強方法を知ることができます。

子育ての時間を作るために、効率よく一日を過ごす方法や勉強方法の情報を仕入れるのに、よく利用させてもらっています。

ゲーム開発サロンスタジオしまづ2.0

子育ての一環として、子どもにプログラミングを学ばせる保護者が増えてきています。

当ブログでは、子どもがプログラミングを学ぶのに使うScratchやUnityを使ったゲームの作り方の解説も行っています。

そのためには、私自身がゲーム開発に詳しくなる必要があるので、サロン会員に教えてもらいながら趣味でもあるゲーム開発に取り組んでいます。

ちなみに、2021年末には、App Storeから療育系のアプリゲームをリリースする予定です。

web+Media School

ウェブタス(web+)メディアスクールは、SEOライティングを学ぶためのスクールです。

せっかくなら多く人に読んでほしいブログなので、SEOライティングを駆使して記事の作成を行っています。

>Webライターとしてのポートフォリオはこちらから。

>スクールからインタビューされたこともあります。インタビュー記事はこちらから。

ブログランキングに参加していますので、応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました