【ダメな放課後等デイサービス5選】事業所選びに悩む保護者は必見!

子育てハック
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

子どものためを思うと、「放課後等デイサービス選びは失敗したくない」と考えたことはありませんか?

ダメな事業所の特徴を知っておけば、子どもにあった放課後等デイサービスを見つけるヒントになるかもしれませんよ。

今回の記事では、ダメな放課後等デイサービスの特徴を5つ厳選して紹介。

記事の後半には、質の高い放課後等デイサービスの特徴も合わせてお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

ダメな放課後等デイサービスってあるの?

信じたくないことに、世の中にはダメな放課後等デイサービスがいくつもあります。

【首つかみ投げる、ズボン下ろす 川崎の放課後デイで虐待】

川崎市が虐待と認定したのは、首をつかんで児童を部屋に放り投げる▽プールでホースを児童の口に入れ放水する▽児童のズボンを下ろす▽きつい言葉を投げかける、などの行為。1施設の施設長と、もう1施設の従業員の2人が関わった。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASP4Z73NHP4ZULOB00K.html(2021年5月1日、朝日新聞デジタル

【知的障害ある女子生徒に足蹴り「粗暴な言動、日常的」 神戸・デイサービス元指導員に罰金刑 神戸地裁判決】

神戸市北区の「放課後等デイサービス」施設で重度の知的障害がある女子中学生(15)を虐待したとして、暴行罪に問われた元指導員の男(51)に対し、神戸地裁は15日、求刑通り罰金20万円を言い渡した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/a85fab59db6654d7b996996172d4020018eea98d(2021年3月15日、Yahoo!JAPANニュース)

どちらも、放課後等デイサービスに通う子どもたちが虐待を受けていたことが判明したニュースです。

虐待以外にも、TVを見せるだけの怠慢や不正受給など、放課後等デイサービスの不祥事は絶えません。

このような放課後等デイサービスには、子どもを安心して預けることはできないですよね。

まえぴー
まえぴー

次の見出しからは、ダメな放課後等デイサービスの特徴を5つ紹介していきますので、一つずつ確認していきましょう。

ダメな放課後等デイサービスの特徴①虐待がある

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8B%B3-%E4%BE%B5%E7%95%A5-%E8%99%90%E5%BE%85-1131143/

ダメな放課後等デイサービスの1つ目の特徴は、虐待があることです。

児童虐待の防止等に関する法律(第3条)によると、「何人も、児童に対し、虐待をしてはならない。」と、はっきり虐待を禁止しています。

子どもたちの人権を著しく侵害する虐待は、いかなる理由があっても許されるものではありません。

「子どもがスタッフの言うことを聞かない」「何回教えてもわからない」という理由で、子どもを叩いたり、言葉で罵ったりする…。

そんなスタッフがいる事業所は、良い事業とは言えないでしょう。

まえぴー
まえぴー

子どもがスタッフを怖がっている。放デイに行きたがらない。

そんな場合は、放デイスタッフが子どもと対等な関係を築けていない可能性があります。

ダメな放課後等デイサービスの特徴②スタッフの入れ替わりが激しい

ダメな放課後等デイサービスの2つ目の特徴は、スタッフの入れ替わりが激しいことです。

スタッフの入れ替わりが多いと、子どものことをよくわかるスタッフがいなくなってしまいます。

新しいスタッフが加入したとしても、親はそのスタッフと新しく関係性を構築する必要があります。

そのため、気軽に子育ての悩みを相談することも難しいです。

スタッフが定着しないということは、会社としての体制になんらかの不備があるとことだと言えますよ。

まえぴー
まえぴー

従業員の待遇が悪い、職場内の風通しが悪い、などなど…

労働環境の過酷さは、スタッフと直接関わる子どもたちへ悪影響を及ぼす可能性があります。

ダメな放課後等デイサービスの特徴③施設内が汚い

施設内が汚くて整備されていないのも、良くない放課後等デイサービスの特徴です。

例えば、子どもが触れるおもちゃが壊れたまま置かれていたら、ケガしてしまうかもしれません。

また、施設内がごちゃごちゃしていれば、「どこにおもちゃを片付けたら良いのか?「どこがリラックスする場所なのか?」

子どもが理解できずに混乱してしまう可能性もあります。

さらに、ほこりやダニに敏感な子どもは、喘息を誘発する危険もあるので、できるだけ整理整頓された事業所を選びましょう。

ダメな放課後等デイサービスの特徴④ケガや忘れ物の報告がない

出典:https://www.pakutaso.com/photo/25737.html

ダメな放課後等デイサービスの4つ目の特徴は、ケガや忘れ物の報告がないことです。

あなたは、子どものケガや忘れ物について、何も報告を受けなかったら、どのように感じるでしょうか?

私なら、「きちんと子どもをみてくれていない」「仕事をしていない」と思ってしまうかもしれません。

ケガが起きたことは百歩譲って仕方なくても、自分でケガの程度を伝えられない子どももいるので、せめて報告はして欲しいものです。

また、忘れ物の中には、明日使うからすぐ届けてほしいものもありますよね。

良い事業所は、報告・連絡・相談をマメにやってくれていますよ。

まえぴー
まえぴー

ケガや忘れ物が頻発する事業所では、ケガ防止のリスク管理をしていなかったり、スタッフに働く余裕が少なかったりします。

ダメな放課後等デイサービスの特徴⑤研修をしていない

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%B4%E3%83%9F%E7%AE%B1-%E3%81%8F%E3%81%9A-3259455/

ダメな放課後等デイサービスの最後の特徴は、研修をしていないことです。

放課後等デイサービスは、子どもをただ預かる託児所とは異なります。

生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他の便宜を供与する

引用:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000082829.pdf(放課後等デイサービスガイドライン)

上記のように放課後等デイサービスは、生活能力の向上図る施設だと厚生労働省のガイドラインで定められているのです。

研修の豊富さは、そのままスタッフの専門性、力量に繋がります。

研修を大切にしない事業所は、子どもにより良い支援を提供する意識が少ないと言えるでしょう。

まえぴー
まえぴー

ホームページや広報を通じて、研修の様子を公開している事業所は、事業所運営に透明性があってすばらしいですね。

こんな放課後等デイサービスはいいところ①専門職が在籍している!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%B4%E3%83%9F%E7%AE%B1-%E3%81%8F%E3%81%9A-3259455/
まえぴー
まえぴー

悪い放課後等デイサービスの特徴が続いたので、ここからは質の高い放課後等デイサービスの特徴を3つ紹介していきますよ!

一つ目の特徴は、専門職が在籍していることです。

放課後等デイサービスの数が増えてきた一方で、質の低下が起きてしまっています。

そのため、国の方で専門的支援加算を新たに設置することで、質の向上を後押ししています。

令和3年度障害福祉サービス等報酬改定で規定された専門職
  1. 理学療法士
  2. 作業療法士
  3. 言語聴覚士
  4. 心理指導担当職員
  5. 国リハ視覚障害学科履修者

引用:厚生労働省「令和3年度障害福祉サービス等報酬改定における主な改定内容」

上記のような専門職を配置している放課後等デイサービスは、支援の質に力を入れていると判断して良いでしょう。

本来、理学療法士や作業療法士などの専門職は病院で働いているのが一般的。

しかも、月に1回程度しか、リハビリを受けられないことも多いです。

しかし、専門職が配置された放デイでは、専門家が常に自分の子どもの育ちを見てくれる上に、いつでも子育ての相談もできるので、親としては心強いでしょう。

まえぴー
まえぴー

ちなみに、保育士や児童指導員は最低人員基準なので、どの事業所でも必ず存在します。

逆に専門職が在籍する放デイは少ないので、専門職の有無は、放課後等デイサービスを選ぶ上での分かりやすい指標となりますね。

こんな放課後等デイサービスはいいところ②計画書がわかりやすい!

質のいい事業所の個別支援計画書は、しっかり考え抜かれた上で作成されています。

個別支援計画書は、支援の核を担うもの。

一つ一つの狙いとその内容をしっかり説明してくれる事業所は、仮説と検証を繰り返して、子どもの成長を見ている証拠と言えるでしょう。

見学時に、子ども一人ひとりにどんな目標を立てて支援しているのかを、聞いてみると良いでしょう。

こんな放課後等デイサービスはいいところ③親との連携を重視している

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%8C%BB%E5%B8%AB-%E6%82%A3%E8%80%85-%E7%9B%B8%E8%AB%87-5710152/

保護者との連携を大切にしているのも、良い放課後等デイサービスの特徴です。

保護者との連携は、以下のようなものがあげられます。

  • 送迎時の申し送り
  • 連絡帳
  • 保護者面談

特に、重要なのが保護者面談です。

面談があれば、送迎時の申し送りや連絡帳だけでは、伝えられない細かい困りごとを相談できます。

保護者連携がきちんとした事業所では、親が気軽に子育てに関する悩みを打ち明けることができるでしょう。

なお、事業所内連携加算や家庭連携加算などが手厚く用意されるなど、国の方で相談援助に対する加算が増えてきていますよ。

まえぴー
まえぴー

放デイの中での支援にとどまらず、家庭内でも応用できる支援を保護者と考えようとする姿勢があるとも言えます。

まとめ:ダメな放課後等デイサービスの特徴を知っておこう!

出典:https://www.pakutaso.com/photo/25795.html

ここまで、悪い放課後等デイサービスの特徴を詳しく紹介してきました。

多くの方デイで出てきた一方で、虐待や不正受給など、質の伴わない事業所も増えてきたのが現実です。

今回の記事を参考にして、子どもにとって良い放課後等デイサービスを選んだり、変えたりしてみてくださいね。

放課後等デイサービスの選び方をもっと知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください!

コメント

  1. […] 【ダメな放課後等デイサービス5選】事業所選びに悩む保護者は必見!子ど… […]

タイトルとURLをコピーしました